セフレ作りにはお金がかかる?

 

セフレ

「セフレを作りたい」

そう思い立ったらまずどんな行動を起こしますか?

会社の同僚や元々の友人に手を出すというのも一つの手ではありますが、下手をすると元々の関係性を壊してしまう危険性があります。

そうなると一番手っ取り早いのはネットだと思います。

掲示板、SNS、無料のもの、有料のもの、最近では非常にたくさんのツールがあります。

数が多すぎてどれを選ぶべきか迷ってしまうほどです。

そこで心配になってくるのは、費用がかかるのかどうかではないでしょうか。

無料で出会いたい

お金を掛けない

多くの人はお金をかけずにセフレを作りたいと思っているはずです。

そりゃ、お金はかからないにこしたことはないですよね。

LINEやTwitterなどは出会い目的のSNSではないですが、無料で使えるもので、すでにアカウントを持っているという方も多いと思います。

これらの無料のSNSを使ってセフレを作ることは決して不可能なことではありません。

直接的にはじめから「セフレ募集」というわけにはいきませんが、例えばTwitterで共通の趣味のアカウントを見つけて、そこから話を広げて実際に合う約束をして、最終的にはセフレ関係にというのは不可能な話ではありません。

しかし完全に無料の掲示板やSNSというのは、男女比率が男性側に偏ったり、他サイトへの誘導などのいわゆるサクラが多かったりと弊害も多く、効率が良いとは言えません。

なのでここが「全くお金をかけずにセフレを作る」から「なるべくお金はかけたくないけど、必要に応じて惜しまずにセフレを作る」という風に方針転換をした方が良いと思います。

お金のかかる掲示板やSNS

sns

「お金がかかる」と聞くと少し抵抗感を覚えますが、そういった掲示板やSNSの利点としては、きちんと女性の会員がいることです。

なぜなら掲示板の運営会社がお金をかけて、例えば広告を出すなどして、しっかりと女性会員を集めるからです。

その資金は男性ユーザーの課金が元となっているわけです。

そう考えるとお金をかけることにやや抵抗感が少なくなるのではないでしょうか。

ただ、中には質の悪い掲示板もありますので、そこは注意して下さい。

ある程度経験がものを言ってはきますが、数千円の課金から試してみて経験値を積んでいきましょう。

また参考程度ですが、ネットでの評判を調べてみるのも良いと思います。

実際にセフレをつくる

お金をかければそれで良いのかというと、そういうわけでもありません。

そりゃ桁違いにお金をかけられるとか、ものすごいイケメンとかだと話は変わってきますが、一般人ではお金のかけ方にも限界がありますし、そうそうイケメンではありませんよね。

なので、どうせお金をかけるならそのお金が無駄にならないようにちょっとした努力をして、効率良く出会っていきたいところです。

具体的には、まず掲示板に登録をしたらプロフィール作りを少し頑張ってみましょう。

なるべくなら顔出しをし(写真では清潔感を心がけましょう)、プロフィール文を丁寧に作ってみましょう。

何もこだわっていない男性に比べれば女性会員からの注目度がアップします。

つまりは「セックスしてみても良いかな」と思ってくれる女性が増えるというわけです。

有料の掲示板だと大体ポイント制になっていて、そのポイントを買い、ポイントを使って女性とやり取りを行います。

ここでポイントをけちってすぐに直の連絡先(LINEのIDなど)を聞いてしまいうと、「ケチな男」というレッテルを貼られてしまい苦しくなります。

実際に出会えたなら少なくとも初回のデート代やホテル代は出すようにしましょう。

毎回こちらが全部出す必要はありませんが、初回ぐらいはそうしないと二回目以降会ってくれない可能性が高くなってしまいます。

セフレ作りにオススメの凄いサイト

伝説のサイトがあります。

世の中の男性がセフレを作る際見る、セフレ作りのバイブル的サイトです。

せふれ 作り

これは本当にチェックした方がいいです。セフレを作る技が集結しています。